AKB PORTAL

相互リンク

後藤泉

ごとう いずみ

旧所属:HKT48 チームKIV

誕生日:1997/09/27 ( 19 歳 )
出身地:福岡県
身長:164.0 cm
ニックネーム: いーちゃん
加入時期:HKT48 2 期
所属事務所:
総選挙順位:第5回: 圏外  第6回: 圏外  第7回: 圏外  
楽曲リスト:後藤泉 ユニット・ソロ楽曲リスト

非公式ユニット「いもむchu」の1人。「団地妻」とも呼ばれる。

WEB SERVICE BY DMM.com

公式Twitter

News


毎日新聞

金さんの部屋再現を 訴訟元原告、生き方伝えたい 生前交流の中高生、愛生園で遺品整理 /岡山
毎日新聞
同高2年の後藤泉稀(みずき)さん(16)は同中1年の時、金さんから差別を受けた過去を聞いた。後藤さんは今もいじめという差別があると考え、「悪口を言わない」など自分から行動する大切さを作文にしたためた。後にこれを基にした映画が製作され、多くの人権集会などで放映 ...



朝日新聞

広島)盈進中高生、核廃絶訴え ウィーンで5月プレゼン
朝日新聞
オーストリア・ウィーンで5月に開かれた平和首長会議主催の「ユースフォーラム」へ派遣された盈進中学高校(福山市千田町)の生徒2人が7日、フォーラムで披露した英語のプレゼンテーションを改めて全校生徒の前で披露した。 高校2年の後藤泉稀(みずき)さん(16)と高橋 ...



西日本新聞

あの手この手で頑張ってる! SNS、動画配信を駆使 17日第9回AKB48選抜総選挙開票
西日本新聞
いよいよ3日後に迫った第9回AKB48選抜総選挙。16日午後3時の投票締め切りを前に、メンバー、ファンの「戦い」も大詰めだ。AKB48のシングルに収録される曲の歌唱メンバーをファンの意思で決めることが本来の目的だが、一方で、明示される「順位」は、それぞれの「経歴」 ...



毎日新聞

表彰式 障害者は「光を放つ人」 優秀賞、盈進高1年・後藤さんが朗読 /広島
毎日新聞
栃木県大田原市で26日にあった「第7回『共に生きる社会』めざして 高校生作文コンテスト」(国際医療福祉大学、毎日新聞社主催、文部科学省など後援)の表彰式で、優秀賞の盈進高1年、後藤泉稀(みずき)さん(16)が作品「光を放つ人」を朗読した。会場は大きな拍手に包 ...



デイリーニュースオンライン

炎上ネタは確信犯?指原莉乃の元HKTメンバー批判が波紋
デイリーニュースオンライン
問題となっているのは、昨年10月に「学業専念のため」にHKTを卒業した元メンバーの後藤泉(18)。2012年にオーディション合格後、3年間HKTメンバーとして活動してきた後藤だったが、周囲の説得にも応じることなくグループを卒業していった。 「しかしその後藤が、3月20日から ...

and more »


西日本新聞

いーちゃん、いってらっしゃい HKT48 後藤泉が卒業公演
西日本新聞
あふれる笑顔は永遠に-。HKT48の2期生でチームK4の後藤泉が30日、福岡市のHKT48劇場で自身最後の公演に出演し、グループを卒業。300人のファンの「いーちゃん、いってらっしゃい」の声に背中を押され、新たな人生の一歩を踏み出した。 2012年9月23日の ...



大分合同新聞

できました、いちごビネガー 庄内町「むろおの会」
大分合同新聞
会長でイチゴ農家の後藤泉次さん(66)は以前から規格外のイチゴを近隣住民に配っていたが、住民から「おいしいし、もったいない」との声があった。有志で話し合い、市の補助金を受けて昨年度、特産品開発に乗り出した。会員の知人から協力を得ながら独自のレシピが完成。

and more »


西日本新聞

泣いた笑ったやりきった!! いろいろあったネ総選挙
西日本新聞
まさかの無観客、前人未到の3連覇、最大の功労者の卒業、そして前代未聞の「結婚宣言」…。いろんな意味で世間を騒がせた第9回AKB48選抜総選挙。年に1度の一大行事が終わったと思いきや、HKT48はその1週間後に、記念すべき10枚目シングル(8月2日発売)の選抜 ...



エンタメNEXT

HKT48後藤泉、最後まで笑顔の卒業公演「これからもHKT48のこと、応援してくれるかな~?」
エンタメNEXT
影ナレはもちろん後藤泉が担当。諸注意の中に「泣いた方は強制退場となります」という一文が紛れこんでいて、もう半泣き状態になっているファンから「えーっ!」という声があがる。最後まで笑顔で公演を務めたい、という彼女ならではの意思表示。そして、そのルールは観客だけ ...



「共に生きる社会」めざして 高校生作文コンテスト入賞者
毎日新聞
自らの医療、福祉体験や、他者のためにできることをつづる第7回「『共に生きる社会』めざして 高校生作文コンテスト」入賞者が次の通りに決定した。(敬称略). <最優秀賞>柴田裕唯(福島県立橘高校2年). <優秀賞>後藤泉稀(広島県・盈進高校1年)、高沼千晶(栃木県立 ...