AKB PORTAL

相互リンク

梅本泉

うめもと いずみ

旧所属:HKT48 チームH

誕生日:1997/05/15 ( 20 歳 )
出身地:福岡県
身長:149.0 cm
ニックネーム: ちぃず
加入時期:HKT48 2 期
所属事務所:
総選挙順位:第5回: 圏外  第6回: 圏外  第7回: 圏外  
楽曲リスト:梅本泉 ユニット・ソロ楽曲リスト

かわいいと言われると照れてしまう。

WEB SERVICE BY DMM.com

News


西日本新聞

夢に向かって、はい、ちぃず HKT梅本泉 卒業公演
西日本新聞
夢に向かって、はい、ちぃず-。HKT48チームHの梅本泉(18)が27日、福岡市のHKT48劇場で自身最後の劇場公演に出演、超満員のファンと多くの仲間に見送られながら、慣れ親しんだ劇場を巣立った。 劇場公演に536回(坂口理子調べ)出演。同期の後藤泉(10月卒業)と ...



リアルサウンド

HKT48田島芽瑠、梅本泉への気持ちが高ぶり号泣 指原莉乃「こんなわからない泣き初めてみた」
リアルサウンド
HKT48の冠番組『HaKaTa百貨店 3号館』(日本テレビ系)の2月24日放送分では、ゲストに村上健志(フルーツポンチ)を迎え、メンバーとの交流を図った。 同番組は、指原莉乃がバイヤー(MC)としてメンバーの知名度向上のために様々な企画を行う、定期的にHKT48メンバーが ...

and more »


ナタリー

AKB48西山怜那、HKT48梅本泉が劇場公演で卒業発表
ナタリー
AKB48チームAの西山怜那と、HKT48チームHの梅本泉が、それぞれグループを卒業することを発表した。 西山は本日12月16日に東京・AKB48劇場にて実施された公演の中で、ファンに向けて卒業する旨を伝えた。彼女の卒業公演は、12月23日に同会場で行われる夜公演と ...
HKT梅本泉が卒業発表「シンガーソングライターになりたい」スポーツニッポン

all 7 news articles »


西日本新聞

梅本HKT48卒業 「シンガー・ソングライター目指す」
西日本新聞
HKT48チームHの梅本泉(18)=写真=が16日、HKT48劇場での「最終ベルが鳴る」公演中に、グループからの卒業を発表した。「夢であるシンガー・ソングライターを目指し、専門的な勉強をする」ことが理由で、活動は12月で終了。劇場公演は、27日がラストとなる。



東スポWeb

さしこ水着公約に頭抱えるHKTメンバー
東スポWeb
公演でも指原は「すごい(値段が)高いおっぱいマッサージに行ってて、なつ(松岡菜摘)となつみかん(田中菜津美)とか貧乳の子だけ集めて『こうやって寄せるんだよ』とか話してたら、遠くでウメ(梅本泉)が聞いてたんです。ガン見でした」と暴露。恥ずかしさからへたりこむ梅本 ...

and more »


リアルサウンド

AKB48グループの“カメラ女子”が集結 高柳明音「テレビでは公開できないセクシーショットがある」
リアルサウンド
AKB48グループのメンバーによるトークドキュメンタリー『AKB48旅少女』(日本テレビ系)。5月31日放送回では、高柳明音(SKE48)、東由樹(NMB48)、梅本泉(HKT48)による「カメラが好きすぎるメンバーの旅」がオンエアされた。 同番組は、AKB48のメンバーが毎回異なる括り ...



ミュージックヴォイス

フット後藤輝基、軌跡の暗号「1位をさっしーに」の1票は自分
ミュージックヴォイス
と3年前から指原、SKE48谷真理佳(20)、昨年はHKT48岡本尚子と元HKT48梅本泉(19)に1票ずつ投票していた、後藤に質問。 後藤は投票期限ギリギリの15分前に投票してないことに気づき、慌てて投票したことを語り、その中でHKT48松岡はな(16)に投じたことを告白。

and more »


ドワンゴジェイピーnews

HKT48朝長美桜がはじめて考えた「卒業」
ドワンゴジェイピーnews
特に昨年の暮れ、梅本泉ちゃんが卒業したときですね。すごく仲がよかったので。ちょうど私も高校3年生になるタイミングだったし『辞めるとしたら、今なのかな』って。自分はこのままでいいのかなって思ったんです。それまでは想像することすらなかったんですけど、急に卒業が身近 ...

and more »


ねとらぼ

「FNS歌謡祭でAKB48がダミーマイクを使用?」画像がネットで拡散中→デマです
ねとらぼ
12月3日にフジテレビ系列で放送された歌番組「2014 FNS歌謡祭」に関して、「AKB48がダミーマイクを使う指示書きが背景に映りこんでいる」とされる画像がTwitterで拡散されています。まとめサイトなどでも多数取り上げられていますが、この画像は実はFNSのときのものでは ...

and more »