AKB PORTAL

相互リンク

樋口日奈

ひぐち ひな

所属:乃木坂46 正規

誕生日:1998/01/31 ( 19 歳 )
出身地:東京都
身長:157.0 cm
ニックネーム:
加入時期:乃木坂46 1 期
所属事務所:乃木坂46合同会社
総選挙順位:該当無し
楽曲リスト:樋口日奈 ユニット・ソロ楽曲リスト
755

WEB SERVICE BY DMM.com

Amazon検索


News

This RSS feed URL is deprecated, please update. New URLs can be found in the footers at https://news.google.com/news

エキサイトニュース

「恋するヴァンパイア」戸塚祥太主演でミュージカル化、ヒロインは樋口日奈
ステージナタリー
哲がヴァンパイアとなり、人間の女の子キイラとの恋の行方がミステリーやアクションなどの要素を取り入れ新たに描かれる。 主人公の哲は映画でも同役を務めたA.B.C-Zの戸塚祥太が、ミュージカル作品初主演として挑む。キイラ役には乃木坂46の樋口日奈がキャスティングされ ...
ABC-Z戸塚祥太がミュージカルで初主演!『恋する・ヴァンパイア』ヒロイン役は乃木坂46樋口日奈エンタステージ
A.B.C-Z戸塚祥太ミュージカル初主演 「恋するヴァンパイア」来年上演中日スポーツ
戸塚祥太「気合」ミュージカル初主演はバンパイア役日刊スポーツ

all 6 news articles »


T-SITEニュース

乃木坂46・樋口日奈、“彼シャツ”ショットで美脚披露! “しずかちゃん”DVD化にファン歓喜!
T-SITEニュース
1日、人気アイドルグループ・乃木坂46の樋口日奈が自身のブログを更新し、10月23日に発売されたアイドル誌「アップトゥボーイ」(ワニブックス)のオフショットをアップ。 “彼シャツ”をイメージした丈の長いシャツを着用し、美脚をあらわにした画像が並び、「シャツの下はまさか素肌 ...

and more »


ドワンゴジェイピーnews

乃木坂46 No.1プロポーション樋口日奈 うわさのグラビアに注目
ドワンゴジェイピーnews
乃木坂46メンバーNo.1プロポーションとの呼び声が高い、”ひなちま”こと樋口日奈が「FLASHスペシャル グラビアBEST 2017秋号」のグラビアに初登場した。 L1000227. ―今回のグラビアでのコンセプトは、”今までにない、ひなちま”。これまで見たことのない姿を引き出したかっ ...



SmartFLASH

乃木坂46 一期生の秘密兵器!樋口日奈「19歳の肖像」
SmartFLASH
乃木坂46 一期生の秘密兵器!樋口日奈「19歳の肖像」FLASHスペシャル/AKB48 乃木坂46 2017.10.26. AD. ワキガで嫌われていた私が1日1回塗るだけでワキガを治した『コニフ』って... Sponsored 詳細を見る. higuti-hina_1乃木坂46 1期生の秘密兵器!樋口日奈「19.



ステージナタリー

戸塚祥太主演「恋するヴァンパイア」京本大我&東山義久が親子役で出演
ステージナタリー
... 哲の恋模様が描かれたが、ミュージカル版では哲がヴァンパイア、キイラが人間という設定に変更される。今作では児玉明子が演出を手がけ、主人公・哲役には映画でも同役を務めたA.B.C-Zの戸塚祥太がキャスティング。またキイラ役には乃木坂46の樋口日奈が抜擢された。



乃木坂アンダーアルバム発売日決定!伊藤かりんの日
朝日新聞
乃木坂46のアンダー(選抜の下部ユニット)が、コンサート中盤に登場した。樋口日奈(19)寺田蘭世(19)ら、歴代アンダー経験者が1人1人、名前を呼ばれて登壇。アンダーでセンターを務める機会が多い伊藤万理華(21)がトリで呼ばれると、場内が大歓声に包まれ、「ここにいる ...

and more »


リアルサウンド

乃木坂46メンバー、タイロケ選抜を巡って猛アピール 高山一実「タイで人気の曲を覚えました」
リアルサウンド
プライベートでタイに行ったという桜井玲香は恐竜のテーマパークに行きたいと発言。桜井は「マジの恐竜が追っかけてくる」とテーマパークについて言及し、バナナマン・設楽統から「行きたすぎて嘘つくのやめてください」とツッコミを入れられた。そして樋口日奈が「あえてタイの知識 ...
乃木坂・松村が爆弾発言 「お尻、半分くらいなら出します」でスタジオ大騒ぎ!?ZAKZAK

all 4 news articles »


リアルサウンド

乃木坂46『アンダーライブ九州シリーズ』に見た、メンバーの成長とその立場をめぐる課題
リアルサウンド
メンバーの体調不良もあり、公演によってセンターポジションなどがやや可変的にもなった今シリーズだが、「自由の彼方」から始まるセットリスト序盤のブロックでは中元日芽香、北野日奈子、渡辺みり愛、寺田蘭世、また中盤以降で目を引く樋口日奈ら、この一年間でアンダーの ...

and more »