AKB PORTAL

相互リンク

菅原早記

すがはら さき

所属:STU48

誕生日:2001/11/14 ( 15 歳 )
出身地:岡山県
ニックネーム:
加入時期:STU48 1 期
所属事務所:AKS
総選挙順位:
楽曲リスト:菅原早記 ユニット・ソロ楽曲リスト

WEB SERVICE BY DMM.com

楽天検索


Amazon検索


News


STU菅原早記/全国にSTUを知ってもらいたい
日刊スポーツ
(3)まずはSTUの存在を全国に知ってもらいたいですね。釣りが好きで変顔が得意です。苦手をなくして、誰とでも仲良くなれるように、自分は敵、自分以外は味方と思うようにしています。たくさんの人を笑顔にしながら80位を目指します。 ※(1)出身地(2)昨年順位(3)自己 ...



時事通信

【岡山県】”ハレウッド俳優オーディション”デモ動画の追加発表!:時事 ...
時事通信
[岡山県]ー STU48の岡山県出身メンバーが出演 ― 岡山県では、「晴れの国おかやま=ハレウッド」をテーマとして制作する映画タッチのPR動画に出演する俳優を募集し ...

and more »


山陽新聞 (会員登録)

STU48もハレウッド俳優応募? 県がPRデモ動画を公開: 山陽新聞 ...
山陽新聞 (会員登録)
岡山県は19日、県のPR動画の出演者を公募している「ハレウッド俳優オーディション」で、瀬戸内地域を拠点に活動するアイドルグループ「STU48」を起用した応募用デモ ...

and more »


毎日新聞

STU48、初オリジナル楽曲PR 岡山県出身メンバーが知事表敬 - 産経 ...
産経ニュース
アイドルグループ「AKB48」の姉妹グループとして、瀬戸内海沿岸の7県を拠点に結成された「STU48」のメンバーが、STU48の初オリジナル楽曲「瀬戸内の声」のPRの ...
「STU48」メンバーが岡山県庁に来訪 瀬戸内を盛り上げ - 大紀元大紀元
【岡山県】「STU48」メンバーが県庁へやってきた!瀬戸内を盛り上げる ...エキサイトニュース

all 10 news articles »


山陽新聞 (会員登録)

「STU48」岡山で初ライブ オリジナル曲「瀬戸内の声」披露
山陽新聞 (会員登録)
岡山県出身の菅原早記さん(15)、張織慧さん(15)、藤原あずささん(19)ら12~21歳の1期生31人と、AKB48と兼務のキャプテン岡田奈々さん(19)が登場。バラード調の曲をしっとりと歌い上げ、ミュージックビデオも映し出された。岡田さんは「瀬戸内の魅力が詰まったこの曲 ...

and more »


山陽新聞 (会員登録)

WEEKランキング 4~10日 瀬戸内の声
山陽新聞 (会員登録)
岡山県からは菅原早記さん(15)、張織慧さん(15)、藤原あずささん(19)が参加しています。今後は専用劇場を備えた船で瀬戸内海を巡り、各県の主要港などで公演。今夏の劇場デビューを目指しているそうです。地元から全国へはばたくアイドルたち。瀬戸内海のよさも広く伝え ...



「STU48」岡山県出身は3人 正式メンバー33人発表
山陽新聞 (会員登録)
アイドルグループ「AKB48」の国内6番目の姉妹グループとして、瀬戸内地域を拠点に発足した「STU48」(SETOUCHI48)の正式メンバー33人が3日、広島市内のイベント会場で発表された。岡山県出身者3人を含むメンバーは、31日発売のAKB48の新シングル(劇場盤)に ...

and more »


菅原沙樹、年上実業家と“インスタグラム婚”!互いの投稿チェック
サンケイスポーツ
交際7カ月で結婚した菅原沙樹。最高の伴侶を得て、仕事にもますます磨きが掛かりそうだ【拡大】. 女性ファッション誌「CLASSY.」「InRed」などで活躍中の人気モデル、菅原沙樹(29)が結婚したことが27日、分かった。お相手はデザイン会社を経営する実業家(37)で、7カ月 ...

and more »


STU門脇実優菜/モデルとしてウオーキングが上達
日刊スポーツ
(3)ダンス、演技ができて、アニメや声優にも詳しいです。演技は感情を込めてすることができ、モデルとしてウオーキングが上達して、ステージで演出ができるようになった。目標はデビュー即圏内で、80位。瀬戸内から新しい風を吹き込みます。 ※(1)出身地(2)昨年順位(3)自己 ...



平幹二朗さん死去、82歳 98年紫綬褒章
日刊スポーツ
俳優の平幹二朗(ひら・みきじろう、本名同じ)さんが23日、亡くなった。82歳。略歴は次のとおり。 ◇平幹二朗(ひら・みきじろう)1933年(昭8)11月21日、広島市生まれ。53年に俳優座養成所に5期生として入所。56年に俳優座入団も、68年にフリーとなり、浅利慶太氏演出「 ...

and more »